Publicacions

  1. Kazuya Morikawa, Tomoharu Ugawa, Hideya Iwasaki: Adaptive Scanning Reduces Sweep Time for the Lisp2 Mark-Compact Garbage Collector, ISMM 2013, to appear
  2. Masahiro Yasugi, Yuki Matsuda, Tomoharu Ugawa: A Proper Performance Evaluation System That Summarizes Code Placement Effects, PASTE 2013, to appear
  3. 西脇春名, 鵜川始陽, 馬谷誠二, 八杉昌宏, 湯淺太一: JNI規則違反検出ツールSEANを用いたAndroidのバグ修正, 第15回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2013), セッション1, 2013年3月
  4. 高田祥, 鵜川始陽, 中野圭介, 岩崎英哉: JavaScript 仮想機械におけるQuickeningの効果, 第15回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2013), セッション1, 2013年3月
  5. Haruna Nishiwaki, Tomoharu Ugawa, Seiji Umatani, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa: SEAN: Support Tool for Detecting Rule Violations in JNI Coding, IPSJ Transactions on Programming, Vol.5, No.3, pp.23--28, 2012
  6. 鵜川始陽, 信岡孝佳, 海野弘成, 湯淺太一: 書込みバリアにロックやメモリバリア命令を用いない並行スナップショットごみ集め. コンピュータソフトウェア, Vol.29, No.3, pp.143-156, 2012
  7. Tomoharu Ugawa, Hideya Iwasaki, Taiichi Yuasa: Improvements of Recovery from Marking Stack Overflow in Mark Sweep Garbage Collection. IPSJ Transaction on Programming, Vol.5, No.1, pp.1--8, 2012
  8. 鵜川始陽: 組込みJavaの実時間ごみ集め. コンピュータソフトウェア, Vol. 29, No. 1, pp. 2--18, 2012
  9. Yuji Yamada, Hideya Iwasaki, Tomoharu Ugawa: SAW: Java Synchronization Selection from Lock or Software Transactional Memory. Proc. of IEEE 17th International Conference on Parallel and Distributed Systems, pp. 104--111, Tainan, (Dec. 2011)
  10. Yasunao Takano, Hideya Iwasaki, Tomoharu Ugawa Reusing Thunks for Recursive Data Structures in Lazy Functional Programs. Haskell Implementors Workshop, Tokyo, 23/9/2011
  11. 田村知博、中野圭介、鵜川始陽、岩崎英哉: JavaScript におけるプログラム変換の効果. 夏のプログラミング・シンポジウム2011、 佐賀県唐津市, 2011年9月2日
  12. 山田祐二、鵜川始陽、岩崎英哉: Java における適切な同期機構の選択システム. 第13回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2011), pp. 1--15, 2011年3月
  13. 五味真幹、鵜川始陽、岩崎英哉: UECFS: SSDとHDDを併用して高速なファイルアクセスを実現するファイルシステム. 第52回プログラミング・シンポジウム, pp. 125--132, 2011年1月
  14. Tomoharu Ugawa, Hideya Iwasaki, and Taiichi Yuasa: Starvation-free Heap Size for Replication-Based Incremental Compacting Garbage Collection. Proc. of the 2010 International LISP Conference (ILC '10), pp. 43--50, October 2010
  15. 山田祐二、鵜川始陽、岩崎英哉: アスペクト指向に基づく適切な同期機構の選択システム. 2010年並列/分散/協調処理に関する「金沢」サマー・ワークショップ (SWoPP 2010), 2010年8月
  16. 室井雅仁、鵜川始陽、岩崎英哉: プログラムの更新を可能とするcheckpoint/restart機構. 2010年並列/分散/協調処理に関する「金沢」サマー・ワークショップ (SWoPP 2010), 2010年8月
  17. Tomoharu Ugawa, Hideya Iwasaki, and Taiichi Yuasa: Improved Replication-Based Incremental Garbage Collection for Embedded Systems. Proc. of the 2010 International Symposium on Memory Management (ISMM '10), ACM, pp. 73-82, June 2010
  18. 鵜川始陽、湯淺太一: 機器組込みシステムのための複製に基づくインクリメンタルコンパクション. 第12回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ, p. 227, 2010年3月, ポスターセッション
  19. 永原治、鵜川始陽、岩崎英哉: 世代別Mostly-Copying GCのRuby VMへの実装と評価. 情報処理学会プログラミング研究会, 2010年3月
  20. 永原治、鵜川始陽、岩崎英哉: 世代別Mostly-Copying GCのRuby VMへの実装に向けて. 情報処理学会プログラミング研究会, 2009年10月
  21. 鵜川始陽、湯淺太一: 複製に基づくインクリメンタルコンパクションを用いたガベージコレクタ. 日本ソフトウェア科学会第26回大会, 3D-4, 2009年9月
  22. 五味真幹、鵜川始陽: マルチコア環境におけるユーザ単位でのCPU資源割当て機構の設計と実装. 日本ソフトウェア科学会第26回大会, 4B-1, 2009年9月
  23. Takuya KATAYAMA, Tomoji KISHI, Shintaro HOSOAI, Tatsuo NAKAJIMA, Taiichi YUASA, Midori SUGAYA, and Tomoharu UGAWA: Project Report: Toward the Realization of Highly Reliable Embedded Systems. Proc. of The 12th IEEE International Symposium on Object/Component/Service-Oriented Real-Time Distributed Computing (ISORC '09), IEEE, pp. 105-111, March 2009
  24. 川ノ上哲規、岩崎英哉、鵜川始陽: メソッド実行委託を用いたRubyプロセスの負荷分散ライブラリ. 情報処理学会プログラミング研究会, 2009年3月
  25. 鵜川 始陽: RubyにおけるMostly-Copying GCの実装. 情報処理学会論文誌 プログラミング, Vol. 2, No. 2, pp. 1-12, 2009
  26. Tomoharu Ugawa, Masahiro Yasugi, and Taiichi Yuasa: Replication-Based Incremental Compaction. Proc. of The 11th IEEE International Symposium on Object/Component/Service-Oriented Real-Time Distributed Computing (ISORC '08), IEEE, pp. 516-526, May 2008
  27. 鵜川始陽、八杉昌宏、鵜川始陽: Replication-Based Incremental Compaction: 第10回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ論文集(カテゴリ2), p. 232, 2008年3月
  28. 細合晋太郎、菅谷みどり、鵜川始陽: 高信頼組込みソフトウェア構築技術の統合. 情報処理学会第70回全国大会, pp. 321-322, 2008年3月
  29. 鵜川始陽、湯淺太一: スタックスキャンを中断させるリターンバリアごみ集め. 情報処理学会第70回全国大会, pp. 333-334, 2008年3月
  30. 鵜川始陽、花井亮、八杉昌宏、湯淺太一: マルチスレッド環境における実時間ごみ集めのためのスレッド再開バリア. コンピュータソフトウェア, Vol. 25, No. 2, pp. 135-150, 2008
  31. 原悠、鵜川始陽、湯淺太一、八杉昌宏: タプル空間によるブラウザ間通信を備えたScheme処理系の開発. 情報処理学会論文誌 プログラミング, Vol. 1, No. 2, pp. 85-99, 2008
  32. 湯淺太一、鵜川始陽: 携帯電話で使えるiアプリすぷ. コンピュータソフトウェア, Vol. 24, No. 4, pp. 109-122, 2007
  33. Taiichi Yuasa, Tomoharu Ugawa, Masahiro Yasugi, and SEiji Umatani: Real-time Garbage Collection for Java on Movile Terminals. COE International Symposium on Advanced Photonic and Electronic Devices for Information and Electric Power Networks, October 2006, ポスターセッション
  34. 湯淺太一, 鵜川始陽, 八杉昌宏, 馬谷誠二: 組込みJavaシステムに適した実時間ガベージコレクション. 文部科学省リーディングプロジェクト「e-Society 基盤ソフトウェアの総合開発」 シンポジウム, 2006年12月, ポスターセッション
  35. Ryo Hanai, Tomoharu Ugawa, Masashi Yoneda, Masahiro Yasugi and Taiichi Yuasa: Memory Usage Improvement Using Runtime Alias Detection. Proc. of Trends in Functional Programming 2006 (TFP '06), pp. 222-234 April 2006
  36. 原悠, 鵜川始陽, 八杉昌宏, 湯淺太一: Web アプリケーションのためのブラウザ内Scheme. 第8回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ論文集, p. 184 2006年3月, ショートプレゼンテーション
  37. 鵜川始陽, 田中英行, 八杉昌宏, 湯淺太一: 書込バリアの追加が少ない複製に基づくコピーGC. 第8回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ論文集, p. 184, 2006年3月, ショートプレゼンテーション
  38. 米田匡史、鵜川始陽、花井亮、八杉昌宏、湯淺太一: リージョン変数の動的なエイリアス判定によるメモリ効率向上. 情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 47, No. SIG 11 (PRO 30), pp. 38-49, 2006
  39. 皆川宣久、鵜川始陽、八杉昌宏、湯淺太一: スタックベースのML処理系における効率的な一級継続の実装. 情報処理学会プログラミング研究会, 2005年1月
  40. Tomoharu Ugawa, Masashi Yoneda, Masahiro Yasugi, and Taiichi Yuasa: Removing Unnecessary Escape Barriers for Continuations. In Proc. of The Second ASIAN Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS '04), November 2004, poster session
  41. Tomoharu Ugawa, Nobuhisa Minagawa, Tsuneyasu Komiya, Masahiro Yasugi, and Taiichi Yuasa: Lazy Stack Copying and Stack Copy Sharing for the Efficient Implementation of Continuations. Proc. of The First ASIAN Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS '03), LNCS 2895, pp. 410-426, November 2003
  42. 鵜川始陽、皆川宣久、小宮常康、八杉昌宏、湯淺太一: 継続の生成におけるスタックコピーの遅延. 情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 44, No. SIG13 (PRO 18), pp. 72-83, 2003
  43. 鵜川始陽、小宮常康、八杉昌宏、湯淺太一: スタックのコピーを遅延させる継続の実装方式. 日本ソフトウェア科学会第19回大会, 2002年9月
  44. 鵜川始陽、小宮常康、八杉昌宏、湯淺太一: Javaと相互呼び出し可能なScheme処理系「ぶぶ」における継続機能と 例外処理機能の実装. 情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 42, No. SIG 11 (PRO 12), pp. 25-36, 2001